webライターは音声入力で効率を上げることも大切

webライターの収入というのは、誰もが同じというわけではありません。同じ1000文字ほどの文章を書いたとしても、文字単価0.2円程度で働いている方もいれば、1文字1円以上の単価で働いている方もいます。1文字1円以上の単価の記事が書けるようになるためには、webライターとしての実績や信頼が必要です。そのため誰もが最初から高い単価で記事を書けるというわけではなく、最初は文章を書きながら実績を積んでいくことが大切です。また最初のうちは、文章を書いても文字単価が低いので、質も大切ですが、ある程度の量を書かないと収入はあまり期待できません。そこで、どうしたら同じ時間で多くの文章を書くことができるようになるのか考えていくことも大切です。

同じくらいの経験のwebライターであれば、化粧品のホームページと相場について考えるとき、1文字0.2円で1000文字の記事を1時間でいくつ書けるのかという点で、収入に違いが出ます。相場としては1文字0.2円くらいとなるので、その相場の中で、効率よく文字を書けるのかがポイントの1つです。ですが速く文章を作成したいと思っても、タイピングが苦手なため、1000文字のタイピングだけで1時間近くかかってしまうという方も多くいるでしょう。ですが入力がスムーズな方だと、1000文字を10分ほどでタイピングすることもできます。しかし慣れている方でも、タイピングを続けると腱鞘炎などのリスクがあります。そこで腱鞘炎のリスクを防ぎつつ、速く文字入力をするための選択肢の1つに、音声入力の利用があげられます。

音声入力とは、その名前の通り、音声を利用して文章を入力する方法です。パソコン用のマイクに向かって、記事の内容を話すだけで、タイピングしなくても文章が入力できます。webライターとしてタイピングの速さは必須だと思っている方もいますが、音声入力ができるようになれば、タイピングが遅い方でもwebライターとして安定した速さで文字入力が可能です。音声入力でwebライターとしての実績を積みながら、徐々に文章作成に慣れてきたら、徐々に単価の高い案件にも挑戦していきましょう。多くの文章を書いた経験によって、単価の高い案件に挑戦しても、採用される可能性が高くなってきます。もちろんwebライターは速く書けばいいというものではないので、質のチェックをすることも忘れてはいけません。特に単価の高い案件は高いクオリティの文章が求められるので注意が必要です。