webライターに必要な「カメラ」のスキル

100%そうだということではないものの、「結果が出るHPと制作事例」を参考にすると分かるように、評価の高いWEBコンテンツの多くには「画像」「動画」などが含まれています。これは、単に画像や動画を紹介することをメインにしているWEBコンテンツだからということではなく、「見やすさ」「分かりやすさ」「親しみやすさ」などを高めるための工夫です。

webライターとして働いていくために必要なのは、「制作したコンテンツが売れる」ということです。どれほど多くの人が作成したコンテンツを評価するのか、実際に成果(売上)が挙がるのかが重要な評価基準です。どれだけ多くのコンテンツを制作しようとも、その結果が何らでないような状態ではwebライターとして働いていくことは困難です。自身がwebライターとして制作したコンテンツが売れなければ収入を得ることができません。

多くの売れているコンテンツに画像や動画が含まれている理由は、「売れるコンテンツを作る」という目的があるためです。要するに、「結果が出る」ということを目指した結果です。

画像や動画が含まれているコンテンツの方が評価されやすいということが分かっていれば、後はその条件に則って作成していけば良いだけです。しかし、ただ単に画像や動画が含まれてさえいれば良いということではなく、「適切かどうか」「魅力的かどうか」が大きなポイントになります。

コンテンツに挿入する画像などは、いわゆる「フリー素材」を使うことも少なくありません。日本中、世界中の写真家(プロ、アマ問わず)が、自身で撮影した写真をフリー素材として提供しているため、非常に高いクオリティの素材を見つけることもできます。また、無料ではなく有料の素材であれば、なおさら高いクオリティの素材を手に入れることができます。

しかし、これらの素材の中に希望するものがあるとは限りません。一般的にニーズが大きいと言われるようなシチュエーションに関してはそれほど問題になりませんが、そうでなければ「使いたいシチュエーションがない」という状況になってしまいます。

もしも必要な素材がない場合には、「自身で撮影する」という方法があります。というよりも、自身でカメラを用いて撮影する以外に方法がない場合が出てきます。そのため、カメラ撮影の技術を身に付けることはとても大切です。特に最近は専用の設備を持っていなくとも、スマートフォンで素晴らしい写真を撮影することも可能です。