稼げないwebライターの共通点とは?

今、時代は「フリーランス」という働き方に対して、非常に大きなニーズが生まれています。日本的経営の代表ともいえる終身雇用制度が崩壊し始めて久しいですが、現状における雇用形態の主は「完全成果主義」になりつつあります。とは言え、多くの企業は未だに終身雇用に近い体制で人材を囲い続けていますが、不完全に能力主義や成果主義を取り入れ始めている関係によって、より一層昇進の難易度が上がってしまっている状況も少なくありません。

そんな中、「クラウドソーシング」などの台頭によって、フリーランスとして働く環境が整備され始めています。これまでは、特殊な技能、知識、人脈などを持っている人か、その分野において一定以上の能力を持っている人だけがフリーランスとして働くことができる状況といっても過言ではありませんでしたが、現在は「やりたい」と思いさえすれば、誰もが簡単に慣れてしまうほどです。

とは言え、それはあくまでもフリーランスとした働き始めることができるというだけです。フリーランスとして働き始めたは良いものの、その仕事だけで食べていくことができなければフリーターと変わらない状態のままです。フリーランスとフリーターの違いが理解できていない人も中にはいますが、フリーランスとフリーターの大きな違いは「個人事業主かどうか」という点です。

フリーランスとして働く方法のうち、特に多くの人が選択するジャンルが「webライター」です。webライターとは、インターネット上で記事を作成することによって収入を得ていく仕事を意味しています。クラウドソーシングの台頭によって、webライターとしての仕事を見つけること自体は非常に簡単になりました。クラウドソーシングサービスを利用しさえすれば仕事にありつくことができるわけですが、それだけで稼げるようになるとは限りません。

稼げないwebライターに共通していることとして、まず第一に「ライティングスキルが未熟」という問題があります。誰もが簡単にwebライターになれてしまう環境も悪影響を及ぼしていると言えますが、そもそもライティングスキルが足らないままでコンテンツを作成しようとするため、誰にも買ってもらえずに稼げない状態に陥ってしまいます。それを回避するためには、自身でWEBコンテンツを運営してみる方法が分かりやすいです。

そうすると、「ホームページのスマホ表示の重要性」などにも気づけるようになります。