【webライターのスキル】「書けない」時の対処法

「webライター」として働く環境は、本来はどこかの企業または個人と契約する形で記事を書くような環境が多かったのですが、現状は「クラウドソーシングサービス」の台頭によって、フリーランスのwebライターが非常に多くなっています。状況的にみると、クラウドソーシングサービスが広まったことによって、「無能力なwebライター」がたくさん生まれてしまい、それによって市場の価値が下がりつつあります。

とは言え、本質的な意味で価値のあるWEBライターの人たちにとっては、余計な人たちが淘汰されている環境になっていることが良い方向に影響している部分も多大にあります。ただ、初心者WEBライターがこれから活躍していくためには、できるだけ早い段階でしっかりとした基礎を身に付けておくことが重要です。クラウドソーシングサービスを利用すれば、まったく経験がなくとも収入を得ることができますが、それはあくまでも一時のものに過ぎません。

クラウドソーシングサービスには、「プロジェクト方式」と「タスク方式」の二種類があります。そのほかに「コンペ方式」などを採用している場合もありますが、基本的にはこの二つのどちらかの方式で働くことになります。前者の場合、企業や個人と契約を結んで働く形になるので、ある程度まとまった金額を得られる可能性が高いです。ただ、他のWEBライターとの競争を勝ち抜かなければいけないために、初心者では難しい面もあります。

その点、タスク方式の場合は誰もが自由に挑戦することができます。指定のキーワードや文字数、内容などに応じて独自の記事を作成し、それを依頼者が承認すれば報酬を得られる仕組みです。基本的には一発勝負となるため、納品した記事が満足できないと判断された場合には報酬を得ることができず、掛けた時間はまったくの無駄になってしまいます。ただ、最初の内はこの方式で記事作成のスキルを磨き、徐々にステップアップするような方法が一般できます。

タスク方式の場合、多種多様な依頼があります。依頼を見て、すぐに「書ける」と感じられるものもあれば、「書けない」と感じてしまう依頼もあるのが普通ですが、人によってはほとんどすべてのタスクが書けないと感じられるものの可能性もあります。その場合、特別なスキルを必要とするものでなければ、できるだけ文字数の少ないものを調べながら挑戦する方法がおすすめです。

文字数が少なければ書きやすいのはもちろんですが、新たな知識を小出しにして報酬を得ることもできるので、トレーニングとしては非常に有効です。