稼げるwebライターになるためのスキル

今話題のHPとライティングのスキルは密接な関係があります。
あなたがもし、LPで稼ごうと考えているならコピーライティングのスキルを身に付ける必要があります。
そんな稼げるwebライターになるためのライティングのスキル、テクニックについてご紹介します。

タイトルの重要性

広告において、もっとも必要なことはその広告を認知してもらうことです。
web上の場合は、インターネットユーザが検索エンジンを使って必要な情報を探します。
この時に、あなたの作成したLPが表示されていないと意味がありません。
検索上位に表示させる方法としては、リスティング広告などのサービスを利用するのもありですが、
検索結果で表示されているタイトルを見て、求める情報ではないと思われてしまっては、これまた意味がありません。
タイトルは、SEO対策を意識しつつユーザのニーズに合わせたキャッチーなフレーズ、キーワードでなければならないのです。
では、どのようにタイトルを決めればよいのでしょうか。
そこにはさまざまなテクニックが必要となるのですが、最も必要なことはLPで紹介する商品情報をしっかり把握するということです。検索結果として表示されるLPのタイトルは、大体30文字程度です。その短いフレーズの中で商品に興味を持ってもらわなければなりません。紹介したい商品はどういうものなのか、競合商品との違いはなんなのか、ターゲットは誰なのかなど、いろいろな観点から調査、分析を行いタイトルを決めていきます。

本文を読んでもらえるかは見出し文で決まる

さあ、ユーザは検索結果からあなたの作成したタイトルに惹かれてLPへやって来ました。
そこで次に目にするのが、見出し文です。
見出し文は、本文への導入です。どんなことが書かれているページなのかを簡潔に説明しつつ、
ここでユーザの心をガッツリ掴んでおく必要があります。
また見出し文は、ターゲットを絞りこむ役割もあります。
LPの目的は本文を読んでもらうことではなく、商品を購入してもらうことです。
商品を購入してほしいから本文も読んでほしい、この目的を忘れてはいけません。
購入意欲のあるターゲットを、見出し文で絞り込むことができれば稼げるwebライターへの道がひらけます。

QUESTの法則を使って本文を構成する

最後に、本文です。QUESTの法則というのをご存知でしょうか。
これはコピーライティングの基本的な文章構成の1つです。
簡潔に説明すると、以下の順番で文章を構成すると、成約につながりやすいという法則です。
「ターゲットを提示し、考えに共感してもらい、商品を良さを紹介し、刺激を与えて、購入しようと決断させる。」
この文章構成でライティングにもタイトル同様に商品情報は必須となります。

いかがでしたか。
あなたも稼げるwebライターになるためにライティング技術を磨いてください。