webライターが知っておくべき確定申告の知識

今話題のホームページと改善方法として、ページで使用しているセールスコピーの一部を変更しただけで、売り上げが増加した例があります。ランディングページの目的は、商品の購入やサービスの利用、会員登録などですが、結果が伴わなければ、お金を投資してサイトを作っても無駄になってしまいます。そのため優れたセールスコピーライターやwebデザイナー、ディレクターという人材が求められます。セールスコピーライターの年収は、スキルと才能によって決まります。また制作会社に社員として雇われている場合と、個人事業主として注文を受けている場合とでは、確定申告の方法も異なってきます。会社に在籍しているwebライターであれば、給料から源泉徴収されています。個人事業主のwebライターも同じで、源泉徴収税額は原稿料の10.21%と定められています。ここで正しく確定申告を行うことで、所得に対する正確な税金の額は決定し、源泉徴収された税金が調整されます。

一般的に確定申告が近づくと、原稿料の支払い元から支払い調書が届き、源泉徴収された税額が書かれています。しかし源泉徴収で税金を払い過ぎている場合は、確定申告をすれば税金が還付されます。還付を受けるためには、必要経費の集計が必要です。確定申告では必要経費を引いた金額に税率を乗じて税額を計算するためです。仮にwebライターが取材や書籍購入でお金を使ったのであれば、領収書を残しておけば必要経費として計上できます。しかし収入そのものが少ない場合は、経費を差し引いたとしても還付される金額は少なくなります。従ってwebライターだけで食べていくには、収益に結び付く原稿を納品し続け、収入自体を底上げする必要があります。そのためには売れるランディングページ制作のためのスキルが、必要となります。

特に1枚型のランディングページでは、訪問者と対話する形式で商品を紹介し、読み手の心を惹きつけることが大切です。優秀なプロのwebライターは、絞り込んだターゲット層に対して、買いたいと思わせるストーリーを作ることができます。さらに売上が低かった商品が、ライターの力で爆発的に売れることさえあります。ライターの中には同業他社のランディングページを比較検討し、自社のサイトを改善していくことも行われています。また構成についても、購入前のサンプルプレゼントや無料体験など、様々な工夫を凝らすことで、最終的に商品の購入者やサービスの利用者が増加します。