LPの会社で稼ぐwebライター

ここ数年、HPの会社で稼ぐwebライターが急増しています。LPとはランディングページの略で、主に通販サイトで利用させている1枚型のwebサイトです。具体的にはランディングページを訪れた閲覧者に、商材の購入などを行ってもらうことを目的にしています。そのため、上手に商品の魅力を伝えるwebライターが必要とされます。また商品の購入や資料請求などのアクションをコンバージョンと言いますが、優れたコンテンツはコンバージョン率も高くなります。また効果的なランディングページを作成するには、検索ニーズも考慮します。検索エンジンで検索されにくいマイナーなサービスは、成果を上げることが困難になります。その場合は、ランディングページとともに、メルマガ広告などを使った集客も行うべきです。その場合でも、やはり有能なwebライターは必要なので、経験豊富なライターはさらに稼ぐことができます。

ただしwebライターには、様々な専門知識がある方が役立ちます。ランディングページの中に商品に関する専門的な知識を入れると、信憑性が増して、ページからの離脱率も減ります。逆に「スキンケア」などのビッグワードで訪れた閲覧者の場合は、ユーザーの目的が不明なので、不特定多数に受け入れられる情報を盛り込む必要があります。さらに売上をアップするには、ランディングページ制作後のLPO実施が大切です。LPOとはランディングページの最適化を意味し、これを行わないとコンバージョン率を上げることができません。また他社のサイトと差別化するために、webライターは多くのランディングページを比較すべきです。

さらにインパクトを与える文章も大切ですが、それよりも親密感を持てる文章の方が離脱を防ぎます。最終目標はコンバージョンボタンのクリックなので、それを誘導するためのコンテンツが求められます。特にクローズ部分のコンテンツと、コンバージョンエリアにあるセールスコピーは大切です。目立つことは重要ですが、全体のブラントカラーと違い過ぎると逆効果になります。実績のある制作業者であれば、プロのデザイナーやライター、さらに専門のディレクターが在籍しているので、安心して任せることができます。制作を依頼してから、早い場合は5営業日程度で完成します。料金設定は様々ですが、格安のところで約5万円、高い場合は30万円以上するケースもあります。ただし料金にLPOが含まれているとは限らないため、発注前に詳細を調べておくことが重要です。