webライターとして成長するためにおすすめの本

現在は、「クラウドソーシング」の普及によって、極端に言えば「誰もが簡単にwebライターになることができるようになりました。以前ならば、webライターとして働くためには一定の技術や知識を身に付けることが必要で、なおかつ業界にコネクションがなければおいそれとwebライターになることはできないような状況もありましたが、現在は小中学生でも実質的になることができるほどに簡略化されています。

それもこれも、クラウドソーシングの影響といえるわけですが、何も悪い影響が出ているというわけではありません。むしろ、WEBライターになるためのハードルが下がった状態というのは、「フリーランス」を目指している人にとっては願ったり叶ったりです。これまでのように難解なハードルを越える必要がなくなった以上、気兼ねなく「WEBライターになる」という目標を持つことができます。

ただし、WEBライターになること自体は簡単になったとしても、「WEBライターとして成功する」ためのハードルはむしろ高くなっていると言えます。以前に比べて多くの人がWEBライターを目指すようになったことによってライバルが増え、企業や個人でWEBライターを外注している人から指名を受けづらくなっています。

過去から現在に至るまでにコネクションや実績を残せている人ならば問題はないのですが、これからWEBライターとして活動を始めようと考えている人や、始めたばかりの人にとっては非常に大きな関門となりかねません。そのため、「WEBライターとして成功するためには何が必要なのか」という知識を身に付け、必要な準備を整えることが重要です。

WEBライターに求められることとしては、「結果が出るHPとセールスコピーが作成できる」ということです。どれほど人間性が劣っていたとしても、「売れる商品」を作り出せるWEBライターならば安定して食べていくことが可能です。そういった知識や技術の多くは「経験」によって身に付けていくものですが、ある程度の段階までであれば「本」「ブログ」「解説サイト」などを活用して身に付けられるものもあります。

特におすすめの本やブログと言われているものを選択し、しっかりと準備を整えておくと、いざ仕事が開始してからスムーズに進行できる可能性が高まり、それがクライアントとの関係を強固なものにする要因となり得ます。まずは、「WEBライターに必要なもの」が何かから学習する方法がおすすめです。