沖縄の健康食品を扱うwebライター

沖縄には様々な健康食品があり、多くの通販企業がランディングページを作成しています。特に、健康食品のHPと製作実績のある企業が都市部を中心に数多くあり、webライターの求人も増加しています。ただしwebライターは、ランディングページの特徴を熟知している必要があります。ランディングページには、通常のホームページのような複数ページはなく、一般的に1ページ完結型です。訪問者は下までスクロールしながら読み進むため、順序良く情報を与えることができます。

また絞り込んだターゲット層に向かって、親密な文章で語りかけるのが特徴です。広告的な面が強いですが、閲覧者も初めから買いたいと思って訪れることが多いので、それに応じた文章が必要となります。さらにフォントのサイズや色、デザインなどを変えて、飽きさせないレイアウトになっている方が、訪問者に良い印象を与えます。またランディングページの目的は、訪問者の商品購入です。会員登録のケースもありますが、消費行動を高めるために工夫されているのが特徴です。最も重要なコンバージョンエリアには、適切なキャッチコピーを挿入して、それに合った画像を配置します。コンバージョンボタンは落ち着くグリーンのことが多く、赤い矢印などを使って目立つようにしていることもあります。クリックするためのボタンは丸みを帯びたフォルムが好まれ、大きめに作成されていることが多いです。

そして素人が作成したページよりも、プロのwebライターが作成したコンテンツの方が、ユーザーの購入率が高いことが報告されています。例えば、沖縄にはゴーヤ茶やウコンなどの健康食品や、フコイダン配合のサプリメントなどが有名です。健康食品に特化したランディングページでは、作成後にアクセス解析を行い、LPOと呼ばれる最適化を行います。この作業を丁寧に行うことで、収益アップが期待できます。ランディングページの製作にかかる費用相場は、およそ20万円以下が7割を占めています。ただしLPOのアフターサービスが含まれていないことが多いため、注意が必要です。

しかし安価な費用で、制作後の最適化まで一括して行う製作会社もありますので、評判なども確認の上で、依頼することが望ましいです。また早い場合でも、依頼から完成まで5営業日以上はかかります。依頼内容によってはそれ以上の期間が必要なこともあるので、余裕を持って発注することが大切です。