インターンに必要なwebライターとしての実績とは

webライターとして活動しようと考える人は、就職前にインターンとして企業で働くことも1つの手段となります。そこで効果的に自己アピールができれば、採用される可能性が高まるというわけです。その際に心掛けることは、いかにインターンの間に実績を作るかということです。webライターとしての活動内容は、実は定義が定まっていません。どんな内容のコンテンツを作れば良いのかを把握できない人が多いということです。そこで大抵の場合には、ユーザーに役立つ情報を提供することに注力します。そのコンテンツの内容や情報に心血を注ぐわけですが、実は企業が求める目的は違います。企業が必要とするのはコンテンツの内容ではなく、いかに集客し成約につながるコンテンツを生み出せるかということです。その内容は目的ではなく、手段に過ぎないというわけです。

もちろん、SEO対策として大切なコンテンツ作成のルールというものはあります。そのルールに従って、ユーザーを
最終的に購買や問い合わせにつなげることが求められるということになります。そこでwebライターとして必要なのは、例えば通販のホームページと制作実績になります。通販サイトは必ず、最終的なランディングページ。用意しています。ここでは情報の提供ではなく、問い合わせをするか購入するかの選択肢を求めることになります。その他のページへのリンクはありません。そしてそこに至る過程で、いかに提供する商品やサービスが役立つものであるかを納得できるような情報を提供しておくことが大事です。

つまりwebライターに求められるのは、ユーザーの悩みや疑問を解決するための情報提供と、そのために自社の商品がいかに役立つかのアピール、そして最終的なランディングページの作成ということになります。特に最後のランディングページを作るのが苦手なwebライターは多いものです。コンテンツ作成業者でも、ランディングページだけは別に委託するところもあります。そこでインターンとしてそのような実績を作ることで、大きなアピールにつながることになります。企業としては直接売り上げにつながるコンテンツを作成できる人材がいれば役に立ちます。それを踏まえて、コンテンツを作る経験を積むことが必要と言えます。このように漠然とコンテンツを生み出す能力を高めるのではなく、目的を明確にしておくことで、就職も有利にすることができるというわけです。