カジノでのチップの賭け方

カジノでのチップの賭け方にはある程度のマナーがあります。これを厳密に守らなくてもカジノではプレイヤーはお客さんですから何とかなることも多いでしょうが、あまりに外れたことをすると顰蹙を買ったり、場合によっては不正をしているのではないかと思われたりすることもあるかもしれませんから、賭け方にも注意はしておいたほうがよいでしょう。

マナーというか常識的なことですが、どこにいくら賭けたのかが明確になるように置かなければなりません。だいたいは枠線が引かれていますから、はっきりとその中に置くようにしましょう。ルーレットのように枠内ではなく枠線上に置く賭け方がある場合もありますが、その場合でもはっきりと枠線上に置き、自分がどこに賭けているのか分からないなどということがないようにします。

また、いつ賭けるか、いつまで賭けてよいかに関してはカジノのディーラーの指示に従う必要があります。ディーラーがもうこれ以上賭けてはいけないと言った後に賭けてはいけません。分かりやすい例がルーレットでしょう。玉が投げ入れられた後にも賭けを続けることができるのが普通ではありますが、その場合でもディーラーがこれ以上は賭けてはいけないといえばその後で賭けることはできません。

ゲームによっては、勝負が決まるまでの過程においてチップを上乗せしたり、あるいは減らしたりすることができるものもあります。このようなケースでは、原則として既に置かれているチップには手を触れないのがマナーです。上乗せする場合は文字通りに上に乗せるのではなく隣に置くようにします。減らす場合は触れざるを得ないケースもありますが、全てを取り下げるような場合はディーラーに合図して取り下げてもらうようにするのがマナーです。