カジノはプレイヤーではなく運営会社が注目

カジノで注目すべきなのは、プレイヤーではなく運営会社という事になるでしょう。とりわけこれから日本で始まるカジノはリゾートの一環で運営されるという事を条件に解禁されるわけですから、これで如何にリゾートとしての魅力を出していくのかという事が注目をされるという事になります。

世間ではカジノ法案が成立した事で、カジノばかりを注目する傾向がありますが、この法案はカジノよりもむしろリゾートとしての開発を主眼に考えたものとなっているのです。こうした間違った誤解が出てきているのもマスメディアの報道姿勢がおかしいからという事になるでしょう。当然注目されるのはプレイヤーではなく会社であるべきということになります。

簡単に言えば観光業として出来る事を増やすということがこの法案での主眼ですから、運営会社がどれだけこの事を理解して会社運営にあたるのかという事が注目されなければおかしいのです。リゾート施設を魅力的なものとする事が出来るのかがこの法案での主眼であって、運営会社が考える施設を出来るだけ多くしてあげるという事が、リゾートとしての魅力のアップにつながるという事は当然の事という事が言えるでしょう。

別にギャンブルの施設があるとその観光地の魅力が下がるというわけではありません。ギャンブルに興味がない人はその施設だけを利用しないというだけの事ですから、興味がある人が来てくれる可能性を考えれば、出来るだけ多くの施設を造る事が出来るという事は重要な事ということになります。これまでの規制によってそうした選択肢が狭められていたものが、ようやく広く選択をすることが出来るようになったのが、この法案の本当の解釈という事になるでしょう。