アフィリエイトのwebライターに必要なスキルとは

webライターとは、文章を書くプロフェッショナルの中でも、特にインターネット上に公開される情報を書く職業の事を言います。現在ではネット上に様々な種類のコンテンツが無数に存在し、それぞれが目的に応じての最適な形を持っているということから、従来のライターと呼ばれた人たちに求められていたスキル、すなわち文章を構成する力や表現力、読み手に訴えかける文章を書く力、それらの元となる情報を得るための取材力などの他に、webライターならではの知識やテクニックが新たに求められます。

インターネット上の記事は、新聞や雑誌のweb版といったようなものであれば、基本的には従来の記事に準じた形で執筆され、適したフォーマットに当てはめられた上で世界に向けて発信されます。これに対して、特定の商品を売る、またはサービスについて広く認知させる、などの目的を持った、広告としての性格の強い文章も存在します。このような分類の文字を書く場合、webライターに必要とされるスキルは、その情報がいかに多くの、それを必要としている人のところに届きやすくするか、という点を狙った文章を書くことです。キーワードを検索した時に、なるべく的確にその検索結果を拾い上げ、サービスの紹介に誘導するか、商品のページに導くか、といったテクニックは、SEOなどと呼ばれるインターネット上の文章特有の考え方として一般にも知られるようになっています。webライターとしての認定資格を得ようとする際には、基本的な文章の構成能力やインターネットの基礎知識などの他に、ネット上でいかに人目に触れやすい記事を作成するか、という点についてのスキルが特に重視される傾向にあります。

このようなスキルを持ったwebライターによって手がけられるアフィリエイトと呼ばれるビジネスの手法が存在します。インターネット上に様々なトピックを扱った記事を設置し、そこに興味を持った人たちを、関連する商品やサービスに誘導し、広告収入や商品の売り上げから決まったパーセンテージを金額として受け取る、というシステムです。このアフィリエイトにおけるコンテンツの重要さは言うまでもなく、webライターがその腕で収入を得ていくのに最も大きな活躍の場であると言えます。魅力的なコンテンツを生み出し、それをさらに的確なテクニックでwebに最適化された記事に仕立て、さらに最適な形にのっとって配置していく、というプロセスを経て作成されたウェブサイトは、現代における全く新しい収入源としても大いに注目され、実際にこのようなやり方で生活を成り立たせている人も数多く存在しています。

アフィリエイトで重要な働きをするこのようなスキル、知識は日々新しくなっていくため、それに携わるwebライターも情報に敏感になり、アンテナを張り巡らせて常に新しい情報をキャッチしていく必要があります。ひとつの例をあげると、ある商品を紹介する手法として、従来の一般的なウェブサイトとは別に、ランディングページと呼ばれる表現方法が生まれています。これは、その商品やサービスについての情報をひとつの長いサイトにひとまとめにしたもので、基本的には既に興味を持っている人向けに特化したページの構造を持っています。ネット上のビジネスのあらゆる場で活用されており、通信販売や各種のサービス、情報商材など、様々なもののランディングページが見られます。

このランディングページ、LPの表現スタイルも、アフィリエイトを行うwebライターにとっては必須のスキルであると言えます。情報をどのような順番でどう配置していくのか、成約までをどのような流れで導いていくのか、言葉遣いのトーンに流れを付けるのか否か、通販のHPとスマホ表示の違いをどのように設定していくのか、などといった事に対しての細やかな設定が、最終的な売り上げにも大きく影響を及ぼします。例えば、使用する画像の中に含める情報と、テキストデータとして表示される文字による情報のバランスなども重要で、現在はパソコンからではなくスマホから情報を閲覧するユーザーも数多く、画像が打ち出すことのできるイメージも数年前とは大きく変化しています。それらをバランスも計算しながら、見やすくかつ魅力的なコンテンツとして仕上げていくのが、アフィリエイトのwebライターに必要とされるスキルであると言えます。

無数にある情報の中からユーザーの目に触れ、実際に手にとってみたいと思わせるところまでを演出し、有用なサービスや商品と消費者を結びつけるのがアフィリエイトの役割です。この中でwebライターの果たす仕事は非常に大きく、時代の流れやテクニックの変化に対応した最新の知識やスキルが、人々の暮らしを豊かにし、便利にしているのだという認識を持ちながら、冷静な目線も忘れずに常に自分の中のデータを刷新していくことも求められます。